ほくろ除去で感じる痛み~施術よりも麻酔が痛い?除去跡の回復期間~

ほくろ除去の不安は痛み?傷跡?どちらの悩みも解消しよう!

ほくろ除去は痛いの?

クリニックで行なわれるほくろ除去方法は、主に切開手術とレーザー手術に分けられます。どちらの施術を受けるにしても痛みがあるのか、またどれくらい痛いのかというところも気になりますね。

施術中の痛みについて

皮膚を切開・縫合したり、レーザーを照射したりするので当然施術中は痛みを伴います。ですが、施術前に麻酔をしておけば痛みを感じることはありません。施術中に使用する麻酔は、以下の通り。

  • 【局所麻酔】
  • 除去するほくろの周辺に注射で麻酔を打っていきます。針を刺すのでチクッとした痛みがありますが、痛いのはその一瞬。数箇所打つと麻酔が効いてきて、それ以降麻酔が切れるまでの間は痛みを感じなくなります。
  • 【麻酔クリーム】
  • 塗ると20~30分ほどで塗った部分が麻痺してきます。クリームを肌表面に塗るだけなので痛みはありません。局所麻酔と併用することができ、最初に麻酔クリームを塗っておくことで局所麻酔の痛みを感じなくさせることができます。

特に顔は他の部分と比べると知覚神経が集まっているため、痛みを感じやすいです。しかし、麻酔を使用するので、施術中に痛みを感じることはまずありません。痛みを感じるのは、施術前に局所麻酔を打つほんの一瞬だけ。痛みに弱い方は、麻酔クリームと局所麻酔の併用がおすすめですよ。

施術後の痛みはあるの?ほくろ除去跡はあるの?

  • 【切除縫合法】
  • 切開によってほくろを除去し、その後切開した箇所を縫合するという施術。局所麻酔が切れると、切開・縫合した箇所に痛みを感じることがあります。痛みの感じ方は個人差があり、麻酔が切れてもまったく痛みを感じない人もいます。除去跡は切り傷のような跡で、1ヶ月ほどで目立たなくなります。傷口が完治するまでには1年ほどの期間が必要。
  • 【レーザー治療】
  • レーザーを照射してほくろを除去していきます。施術後、麻酔が切れるとジンジンとした痛みを感じることがあるようです。こちらも、痛みの程度には個人差があります。除去跡は赤くへこんだ状態で、血は出ません。数日後は少し赤みが増しますが、2週間ほどで目立たなくなります。1ヶ月くらい経つと色素沈着が出ますが、3ヶ月~6ヶ月ほどで除去跡は目立たなくなるでしょう。

クリニックでほくろ除去をしたら

施術中の痛みは、麻酔によって感じることはありません。麻酔クリームと局所麻酔を併用すれば、局所麻酔を打つ際の痛みもなくすことができます。また、痛み止めを処方してもらえば、施術後の痛みも心配ないでしょう。ほくろ除去跡は、きちんとケアすることで順調に回復が進みます。施術後は医師の指示に従い、保護シールを自己判断で剥がしたり、むやみに紫外線を浴びたりしないように注意してください。