ほくろを除去する方法ならクリニックで施術する方法がありますが、小さくしたり薄くしたりと目立たなくする方法はあるのでしょうか。またその施術をする前に知っておく注意点とは何なのでしょうか。ほくろを消したくない理由からみていきましょう。

ほくろ除去をするなら皮膚科?形成外科?美容皮膚科?ほくろ除去の名医がいるのはどこ?

ほくろ除去をするならどの病院に行くべき?

ほくろ除去は、「皮膚科」「形成外科」「美容皮膚科」などで行うことができますが、どの病院に行くのがよいのでしょうか?ほくろ除去と一口に言っても、各病院で施術目的が異なります。自分の目的にあった病院で施術を受けることで、満足・納得のいく仕上がりを手にすることが可能です。ここでは、ほくろ除去を行っている病院の違いを紹介していきます。

皮膚科・形成外科・美容皮膚科の違い

皮膚科:皮膚の専門家、名医が在籍しています。皮膚科では、ほくろの除去が目的です。深く入り込んだほくろ、膨らんでいるほくろにも、対応してくれ効果が期待できます。また、そのほくろが皮膚ガンかどうか調べる病理検査も行えるので安心です。ほくろの再発を防ぐ為に徹底的にほくろ除去を行います。

  • 形成外科:先天的な異常(身体のパーツが変形している)や大きな傷跡などを修復してくれる専門家、名医が在籍しています。形成外科では、しっかりとしたほくろ除去を行った後、傷跡を目立たなくすることにも注意してくれます。もちろん、ほくろ除去した後にできてしまった傷跡の修復治療を受け入れている病院も多く、血管腫などの治療にも対応してくれるので安心です。
  • 美容皮膚科:肌を綺麗にする専門家、名医が在籍しています。美容皮膚科では、なるべく傷跡を残さないようにしてほくろ除去を行うことが目的です。メスを使用しない治療方法で、傷跡を目立たなくすることが可能です。しかし、徹底的なほくろ除去は難しく、ほくろが再発する可能性があります。

3つの要素が揃っている美容クリニックがおすすめ!

上記で紹介した各専門の病院でほくろ除去を行うのも良いですが、「皮膚科」「形成外科」「美容皮膚科」の要素が揃っている美容クリニックがオススメです。美容クリニックは、各科の名医が揃っているので、安心。また、医療機関なのでクリニックの出している条件をクリアすれば健康保険が適用されます。中でもソノクリニックは、CO2レーザーを用いたほくろ除去も健康保険適用となっているので、要チェックです。
気になっているほくろがあるなら、この機会に美容クリニックでほくろ除去してみてはどうでしょう?
コンプレックスから解放され、笑顔にも自信が持てるようになりますよ!